圧入についてをレビューする総合情報サイト

圧入できるワーク

圧入できるワーク

種類−ベアリング、ブッシュ、ピン、プラグ,オイルシールなど
大きさ−小型(φ3など)〜大型
材質−金属系、ゴム、樹脂

 

などがありそれぞれ引張強さ、降伏点また温度上昇によるはめ合いが変化する などの違いにより荷重も変わってきます

 

材質ゴムの場合、ゴム自体の反力があるため圧入深さを安定することが難しいとされています


ホーム サイトマップ
基本段階 設計段階 製作・装置段階 品質段階(不良をなくす)