圧入について課題を解決するための専門サイト

しめしろは変わる

しめしろは変わる

はめあいについて通常計測できる寸法(一般的なしめしろ)は、連結時のスキマが関係して実際に有効となるしめしろは変化します

 

おおよそ面粗さによって区別され

 

研削の場合  d/d+2 × 一般的なしめしろ
旋削の場合  d/d+3 × 一般的なしめしろ  と減少します  d:呼び軸径

 

 

最大しめしろはどの程度が良いのか?

 

あまり大きなしめしろにしてしまうと製品寿命を短くすることになります。

 

ベアリングなどはベアリングメーカーに推奨値出ていますが、軸の1000分の1以上 であったり 
はめあい面に発生する最大応力がある一定の数値を決めて○○Mpa以下 となるようにします


ホーム サイトマップ
基本段階 設計段階 製作・装置段階 品質段階(不良をなくす)